いちばん好きなひとから頑張らないで幸せな愛され女子になる方法

アラサー女子の為の頑張らなくてもいちば〜ん大好きな人に愛されて幸せになる方法

MENU

【パリ 一人旅】はじめての海外一人旅で学んだ7つのこと

f:id:yyyuushi-renai:20190904013954j:plain

こんにちは。ゆーしです。8/28~9/1の5日間でパリ一人旅に行ってきました。

 

はじめての海外一人旅ということもあり、旅行前からドキドキでしたが、パリで過ごした日々のなかから多くのことを学んだので、お伝えさせてください。

 

結論から言うと、一人旅最高でした!

 

 

パリ一人旅で学んだ7つのこと

f:id:yyyuushi-renai:20190904014158j:plain

1、歩きスマホはしない

まさか歩きスマホをしないが、一番最初の衝撃になるとは、思いませんでした。

 

今日本では、社会問題になっている歩きスマホですが、パリでは歩きスマホをしているひとなんて全然いませんでした。

 

日本だとみんなスマホがないと生きていけない、スマホが恋人かのようにスマホ見てますよね。

 

パリのひとがスマホを見るのは、仕事中くらいでしたね。これはこれでびっくりでした。

 

タクシー運転手はめっちゃYouTubeみてるし、エッフェル塔のエレベーター運転してるひとも、ご飯屋さんの接客しているひとも、観光地のチケット販売のひとも、スマホいじってました。

 

反対に、家族・友達・恋人といるプライベートの時間は全然スマホ見ないですね。

 

一番大切なのは、プライベートということですよね。

 

あなたはどれくらい1日スマホ見てますか?

 

僕もすごくスマホ依存で、いつもスマホをみてしまうのですが、今回のパリの旅行でこの部分を見つめなおすことができて本当に良かったです。

 

 

2、どこでも愛情を伝え合う

 

これはたまたまエッフェル搭に登った時に出会ったシーンです。とても素敵ですよね。

 

こんなロマンチックなプロボーズ、みんなされたいと思います。僕も絶対にこういうおしゃれにプロポーズしようとここで決めたくらいです。

 

このエッフェル塔のときだけではなくて、いつでもどこでもキスは当たり前でした。

 

日本だと「公共の場で何やってるんだ!」となりますが、海外では本当にキス・ハグ当たり前でした。

 

パリでは人々が、常に愛情を伝え合っていましたね

 

ここまでオープンになろうとは言わないですが、大切なひとには伝えられるときに伝えたいことを伝えましょう。

 

3、出せるところはだす

パリで出会った女性は日本では露出激しいな、ってくらい露出の多い服装をしているひとが多かったです。

 

もちろん季節柄ということもありますが、太ってる・やせている、美人、とか何にも関係ありません。

 

みんなしっかり露出して自分がしたい服装を気持ち良くしていました。これすごく大切ですよね。

 

自分が気持ち良く着たい服で、自分がやりたいようにやる。これができるからこそ、自分を愛することができているんです。 

 

f:id:yyyuushi-renai:20190904014300j:plain

4、何歳かわからない

日本だと外見をみると、何となくこのひと何歳くらいかな?とある程度想像がつきますが、パリの人たちは全然わかりませんでした。

 

もちろん見慣れていない、感覚がわからないということもありますが、それにしてもみんな綺麗でした。

 

やっぱり自分がやりたい、心地よい、生きがいがある、楽しめることを率先してやっているからこそ起こることですよね。

 

 

5、でかいペットボトルで水を飲む

日本で1、5リットルくらいあるペットボトル持ち歩いているひとなんてほとんど見たことないですよね。

 

パリでは多くのひとが持ち物はみんな少なくて、身軽なのになぜか大きいペットボトルを持って歩いてました。

 

それでめちゃめちゃ水飲みます。これが4で話したことに繋がる綺麗な秘訣の一つかなとも思いました。

 

観光地にもお店にも、水は小さいのも大きいのも売っているくらい、たくさん飲むのが当たり前でした。お水たくさん飲みましょう。

 

6、急いでいない

パリの街を歩いている人たちは、急いでいるひとなんてほとんどいません。みんな余裕をもってゆっくり歩いてる感じです。

 

東京は電車にバスに、1分1秒を争うように早歩きしているひとが非常に多いですよね。パリではありえない光景です。

 

みんな時間にも人生にも余裕を持っていきていて、自分のペースで、ゆっくりと生きている印象でした。

 

この余裕があるから、より魅力的に見えて、人生楽しめるんですよね。

 

もっと生き急がずに、ゆっくり自分と向かいながら生きていこうと心に決めました。

 

7、観光地は自分が一番美しいかのように写真を撮ってもらう

この一人旅では、王道の観光地、エッフェル塔・ルーブル美術館・凱旋門・シャンゼリゼ通り・ヴェルサイユ宮殿など一通りいきました。

 

そのどこの観光地にいっても、必ずみんな「ワンショット」を撮っていました。

 

家族ともとるし、友人ともとるけれど、何よりワンショットの枚数が一番多いくらいに撮ってました。

 

いろんなポーズ、角度、場所、ありとあらゆる写真を、まるでこの世で自分が美しいかのように撮ってましたよ。

 

日本だと恥ずかしくできないとおもいましたが、海外ではこれが当たり前!自分自身のことがすごく大好き。

 

だからこそ、自分らしく自分を大切にしながら堂々と生きていけるのだなと勉強になりましたね。

 

あなたは胸張って「自分のことが大好きだ」といえますか?言えるようになると恋愛はどんどん進んでいきますよ。

 

 

最後に伝えたいこと

f:id:yyyuushi-renai:20190904014421j:plain

今回のパリ一人旅では、多くのことを学べました。

 

日本人に会うことはほとんどなかったでしが、出会った日本人は、夫婦・カップル・女性の一人旅してるひと・現地で払いてる女性でした。

 

男性には全然会っていないんですよね。これもまた驚きですよね。やっぱり女性の方が断然度胸ある!

 

また、言語なんて関係ないというのがすごかったです。

 

僕自身、もちろんフランス語はわかりません、メルシー(ありがとう)とボンジュール(こんにちは)を今回の旅でわかったくらいです。

 

それでも全然なんとかなりますし、みんな優しいです。

 

価値観も広がるし、いろんな学びがあるし、自分の器も広がっていく、ということもあるので、海外一人旅はすごくおすすめです。

 

もちろん女性の場合、安全面をより考慮しないといけませんが、一度は海外一人旅にいってみることをおすすめします。

 

あなたの恋愛に、あなたの人生に必ず大きな変化と成長とロマンをくれますよ!

 

 

 

▽男心がわからないと悩んでるすべての女性に読んでほしい^ ^

 

 

▽恋愛相談はこちらにどうぞ^ ^

「ゆーしに直接恋愛相談」「愛され女子コラム」を載せているLINE@が2600を超えました♪✨ブログを見た人はLINE@も一緒にチェックしてください^^→LINE@で恋愛相談と恋愛コラムやってるよ♪ 

友だち追加

 

 

▽一緒に読むといい記事