いちばん好きなひとから頑張らないで幸せな愛され女子になる方法

20代女子の為の頑張らなくてもいちば〜ん大好きな人に愛されて幸せになる方法

MENU

「ないものねだり」と「あるものさがし」でしあわせになる

f:id:yyyuushi-renai:20170227210345j:plain

こんにちは。ラブクリエイターのゆーし (@yyyttt1221)です。

 

こんなお話があります。田舎まちのメキシコ人の漁師とアメリカ出身のハーバード卒の旅行者のお話です。

 

旅行者:「それ、すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」


漁師 :「そんなに長い時間じゃないよ」


旅行者:「もっと漁をしていたら、もっとたくさん魚が獲れたんだろうね。惜しいな〜」


漁師 :「でも、自分の家族が食べるには、これで十分だよ」


旅行者:「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするのさ?」


漁師 :「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって・・・これでもう一日終わりだね」


すると旅行者は、急に真剣な顔になり、漁師にこう提案しました。


旅行者:「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、君にアドバイスしよう。いいかい? 君は毎日もっと長い時間漁をすべきだ。それであまった魚は売る。

 

お金が貯まったら大きな漁船を買うといいだろう。漁獲高は上がり、儲けも増える。そして、儲けたお金で漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。


やがて大漁船団ができるまでね。そうなったら、仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこから魚を世界中に輸出するんだ。


その頃には、君はこのちっぽけな村を出て、メキシコシティに引っ越しているだろうね。ロサンゼルスやニューヨークで家を持つことだって可能だ。


君は、マンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるといいよ」


漁師は尋ねた:「そうなるまでにどれくらいかかるのかね?」


旅行者:「20年、いやおそらく25年もあれば、そこまでいくね」


漁師:「なるほど。それからどうなるんだ?」


旅行者:「それから? そのときは本当にすごいことになるよ。今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ! そうなれば、もう働く必要はないよ」


漁師:「それで?」


旅行者:「引退したら、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい? すばらしいだろう!!」

 

漁師:「いや、俺今その生活してるから!!」 

 

この話をみてあなたはどう思っただろうか?僕はもしかしたらもうしあわせなのかもしれない。それとね、僕のしあわせってなんだ?そう思っただんだ。

 

ゆーしが幸せを感じるとき

この記事を書くにあたり、ぼくが幸せを感じるときってどんなときかを改めて考えてみた。最近感じたのは、

  • パンケーキ食べたときf:id:yyyuushi-renai:20170227205716j:plain
  • セカオワのライブに行ったとき
  • f:id:yyyuushi-renai:20170227205925j:plain
  • 布団を干してぽかぽかな布団で寝たとき
  • ポップコーンを食べながら映画みたとき
  • 大好きなパン屋さんにいって河川敷を散歩したとき
  • 部屋の模様替えをしたとき
  • おばあちゃんからお米が送られてきたとき
  • 地元の友達が会いにきてくれたとき
  • お風呂でマイブームの曲を熱唱してるとき

ぼくにとって大きいしあわせや小さなしあわせがあるように感じた。有料もあれば無料もある。共感してくれるのもあれば、なんだこれ?というのもあるだろう。ただぼくにとってしあわせなことなんだ。

 

他人から見たらどうでもいいことかもしれないけど、自分にとってしあわせなことならそれでいい

 

あなたはいつ幸せを感じるのだろう?あなたが最近幸せだな〜って感じたのはいつだろう?あなたが求めているしあわせはどんなしあわせなんだろう?

  

しあわせは気づくもの

f:id:yyyuushi-renai:20160908164110j:plain

しあわせは気づくもの。いつかのインタビューで俳優の瑛太さんがいっていた。この言葉で、僕のしあわせに対する価値観が180度変わった。

 

僕は今までずっとしあわせは、頑張る、努力する、一生懸命、〜したから得られるものだと思っていたから、しあわせはなかなか手に入りずらくて、難しいものなんだなって感じてた。

 

でも、そうではない考えのひともいた。なにもしなくてもいい。そこにあるものに気づけばいい。しあわせになることは簡単なことだと。

 

昔の僕のように頑張った先でしあわせを見出す、しあわせを得るというのはきもちがいい。達成感がすごい。でもそれまでがつらいし、しあわせになれる機会が少ない。

 

ふたつの価値観があるのなら僕はもっと心地よくいきたかった。もっとしあわせを感じたかった。何もしなくてもしあわせになれるのならそれがよかった。だから僕は「気づく」ことに目を向けた。

 

「気づく」ために、もうすでに「ある」ものということを前提にしてみた世界は「愛」であふれていた。何か1つのもの、ことに愛がつまっていることを感じた。スマホもボールペンもノートも食べ物も何もかも。世界ってすごいんだなと心から思えた。

 

ないことばかりに目を向けてない?

f:id:yyyuushi-renai:20170121104917j:plain

僕らはついついないものに目を向けがち。あれもない、これもないって。本当はあるのに、もうもってるのに。でもそれでもいいとおもう。

 

いつもすべて完璧100%しあわせな状態にいる方が難しい。悲しくなること、寂しくなること、落ち込むこと、ネガティヴになることもある。ないものがほしくなるときもある。

 

結局ひとはないものねだりで、あるのが当たり前になると、次なるしあわせを求めたくなるものだとおもう。でも、ないものねだけを追いかけつづけるのはつらい。

 

だから僕は「ないものねだり」と「いまあるしあわせ」をふたつそろえて進むのがいいと思うんだ。

 

いまあるしあわせを知っていれば、ないものが得ることができなかったとしてもしあわせでいられる。ないものを追ってるとき、つらいこともあるけど得たときの快感もある。それも味わいたい。欲張りだけど2つほしい。

 

ないものとあるもの。あるものとないもの。

 

ふたつを上手にいかしつつ今日も僕は生きていくことにする。それが僕にとってしあわせだから。 

 

今日もすこしだけ自分をしあわせにしてみない?

f:id:yyyuushi-renai:20170227210612j:plain

ほんとうに些細なことでいい。この入浴剤にしよう。好きな小説を読もう。アメトーーークみて笑おう。自分にとってしあわせなことを

 

今日という日がほんのすこしでもしあわせでいられるような。そんなものを。そんなことを。そんな時間を。まいにち自分にプレゼントできたらいい。

 

自分にやさしくできたら、ひとにもやさしくできるとおもう。自分をしあわせにできたら、ひとをしあわせにできるおもう。いまあるものを相手にもすこしプレゼントしたらいいだけだから。

 

さて今日は何をプレゼントしよう。

 

 

▽関連記事

 

▽こちらも合わせて^ ^

「個別の恋愛相談」「お友達追加してくれた方しか見れない愛され女子コラム」を載せているLINE@ゆーしもきくからが350人を超えました♪✨ブログを見た人はLINE@も一緒にチェックしてください^^→LINE@で恋愛相談と恋愛コラムやってるよ♪ 

友だち追加