読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちばん好きなひとから頑張らないで幸せな愛され女子になる方法

20代女子の為の頑張らなくてもいちば〜ん大好きな人に愛されて幸せになる方法

MENU

彼に本当にわかってほしいことを伝えるときに大切な3つのこと

こんにちは。ラブクリエイターのゆーしです。

 

僕たちは相手に何かを伝えたいとき、伝え方には2つのパターンしかありません。この2つのうちどちらを使うかで恋愛が180度変わります。

 

そして、あなたにとって理想の彼になっていくか、あなたにとって嫌なところが目立つ彼になるのか。あなたの伝え方で決まります。

you(あなた)メッセージ

f:id:yyyuushi-renai:20161022100211j:plain

あなたってこうだよね。君のここがダメだ。お前がまちがっている。と相手を指摘する伝え方で常に相手に矢印が向かっている状態


喧嘩や勘違いが起こるときってこのyouメッセージで会話しています。喧嘩しているときのこと思い出してみてください。


心当たりあるのではないでしょうか?

 

youメッセージで話していると言われた方は、すごく嫌な気分になる。すごく責められてる気分になる。すごく変えられようとされてる気分になる。


聞いてて一切気持ちよくないんですよね。


そしてそんな気持ちよくない話をされるから、今度相手から返ってくるメッセージもyouメッセージで返ってくる。


自分も相手を責めて、相手も自分を責める


終わりなき戦いが始まるわけです。

youメッセージを使いたくなるのは本当のあなたの気持ちを隠してるから

f:id:yyyuushi-renai:20161209112849j:plain

あなたは、君は、お前は、って相手を責めている方が自分を守れる。自分を保てる。自分を責めなくていい。だからyouメッセージを使ってしまう。

 

けどyouメッセージを使っているとき、

 

本当はとても寂しかったんでしょ?


本当はとても不安だったんでしょ?


本当はもっと優しくされたかったんでしょ?


本当はもっと大切にされたいんでしょ?


この「本当は~」とあなたが思っていることがyouメッセージのなかに隠されています。だからyouメッセージを使うことは全然悪いことではないんです。


ただ使ったときに、なんでこういう伝え方になったのか?をあなた自身に優しく聞いてあげてください。


そしてそこで感じた本当の気持ちを大切にしてください。

I(愛)メッセージ

f:id:yyyuushi-renai:20161005130311j:plain

私は寂しかったよ。私は責められたと感じたよ。私は大切にされてないと感じたよ。私は愛されていないと感じたよ。


「私はこう思っている」という伝え方で、常に矢印が自分に向いている状態。


相手を責めているのではなく、相手を変えようとしているのではなく、「私はこうおもったよ」と相手にお知らせしているだけ。


そしてこのI(愛)メッセージで話すと相手もI(愛)メッセージで話してくれるからお互いがどう思ったかを感じることができる。


だから心がオープンにできて分かりあおうとすることができる。分かりあうことができる。

 

どちらの伝え方が良いかは一目瞭然です。


だからこそ「彼が~してくれない(彼、youが主語)」ではなく、「私は~してほしいな(I 、愛が主語)」や「~してくれると、私とっても嬉しいんだけど」と伝えること^ ^


愛を込めたメッセージできちんとあなたの思いを言葉にしないとあなたのしてほしいことは相手に届かないから。

 

愛メッセージで「してほしいこと」をどんどん伝えてい~っぱい彼から愛をもらいましょ♪

 

▽一緒に読むといい記事

 

▽こちらも合わせて^ ^「個別の恋愛相談」「お友達追加してくれた方しか見れない愛され女子コラム」を載せているLINE@ゆーしもきくからが260名を超えました♪✨ブログを見た人はLINE@も一緒にチェックしてください^^→LINE@で恋愛相談と恋愛コラムやってるよ♪