いちばん好きなひとから頑張らないで幸せな愛され女子になる方法

20代女子の為の頑張らなくてもいちば〜ん大好きな人に愛されて幸せになる方法

MENU

彼の機嫌を良くするのではなく、あなたの機嫌を良くする

f:id:yyyuushi-renai:20161029200858j:plain

こんにちは。ラブクリエイターのゆーしです。

いつも言っていますが、旦那さんは、彼氏は、あなた(女性)を幸せにする為に存在している。誰もあなたを不幸にしようと思って結婚したわけでも、付き合ったわけでもないのです。

これを大前提としたうえで、あなたがすることは、

「あなたの心の声」を聞いてあげること

あなたの声を聞いてあげて、あなたがどんなときに幸せを感じ、どんなときに楽しさを感じ、どんなときに悲しさを感じ、どんなときに寂しさを感じるのか。 

その「あなたの声」を相手に教えてあげましょう♪

それを実践していく中で、相手の中にあなたを幸せにするデータが溜まっていきます。そのデータを元に行動していくから、教えてあげないと男性はわからんのです。

伝えるときは必ず具体的に

あなたの感じたことを教えてあげるときは、必ず具体的に。男性は、曖昧でわかりずらい表現を嫌います。これでもか!!!ってくらいわかりやすく伝えましょう。

・「後ろからぎゅーってされると安心する」

・「仕事頑張ったときは頭ぽんぽんってされたら癒される」

・「お前って呼ばれると冷たく感じる」

・ 「元カノはもっとこうしてくれた、や元カノとここに来たんだよね。と元カノと比較しないでほしい、ダメだと言われてるように感じる」

良いも悪いもきちんと伝えてあげましょう。

あなたの我慢が男性をダメにする

あなたが「我慢」すればするほど、あなたが「遠慮」すればするほど旦那さんは、彼は、あなたの中でダメな男になっていく。あなたを「幸せ」にしないのだから当然です。

ただそれは、あなたの「我慢」や「遠慮」から始まる。だから男性に我慢はいらないのです。遠慮もいらないのです。

女性は無意識に相手を察するということが上手だから、いらないと割り切るくらいの気持ちがないと、どうしても気になってしまいます。

 

機嫌をとるのは男性の仕事

認められたいと頑張るのも男性の仕事

期待に応えようとするのも男性の仕事

 

あなたがすることは、機嫌が良くなるとき悪くなるときを相手にちゃんと言ってあげること。認めてもらいたいと頑張る男性を認めてあげること。期待に応えようとしてる男性の期待に応えてあげること。

 

さあ、 あなたの心の声を聞こて、どんどん良くされていこう♪