読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちばん好きなひとから頑張らないで幸せな愛され女子になる方法

20代女子の為の頑張らなくてもいちば〜ん大好きな人に愛されて幸せになる方法

MENU

なんで私ばっかり。。。とおもったら

f:id:yyyuushi-renai:20160817083504j:image

 

■こんにちは。ラブクリエイターのゆーしです♪

 

 

「私ばっかり」

 

 

こんなときってありませんか?

 

私ばっかりLINEして

私ばっかり電話して

私ばっかり家事をして

 

カレは全然してくれないのに、


なんで私ばっかりなのかって。

 

 

こう思っているとき、あなたがこれくらいしたら、カレからこれくらい返ってくるだろうと、想定したものが返ってこないから思うんですよね(>_<)

 

 


■このようになってしまったとき

どうしていけばいいのでしょうか。

 

 

 

それはですね、

 

 

 

 

 

怒らないでくださいね、

 

 

 

 


ずばり、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で責任をとる

 

 

 

つまり、

 

 

・相手にしてあげることをやめる

 

・相手に与えるのはあなたがしたいと思った時だけにする

 


そして、

 

もっと自分のことを優先する

 

 

   

男性は女性が与えてくれているうちは、自分は相手に充分に与えていると想っています。

 

女性が与える度合いを少なくすれば、男性はそのことに気づきます。

 

男性の中で分かりやすく言うと、二人の点数があるんですね。


その点数が同点もしくは男性が下回ったときと感じるとき、再び動き始めます。


そのため相手に、気づかせてあげることも大切なことなんです。

 

 

 

■それに、なんでもやってくれる「お母さん」みたいで、恋愛感情を抱けません。


好きな男性に認められようとしたり、期待に応えようとすることをやめることがとーっても大切。

 

▼この記事にも書きましたが

yyyuushi-renai.hatenablog.com

 

 

男性は期待に応えてくれる女性が好きなのではないんですよ。いつも期待に応えてくれるだけでは、お母さんのような存在になってしまいます。

 


お母さんのような存在では恋愛になりにくく、恋愛感情があった場合も早々になくなってしまいがちで、男性が離れていく原因になります。

 

 

女性は好きになった男性やパートナーが「何を求めているのか?」を察知する能力に長けているので、ついつい先回りして役に立とうとしてしまいますが、いつもそれでは逆効果。

 


彼がどうしてほしいのか?ではなく、自分は今どうしたいのか?にフォーカスしてみてください

 

 

 

 


ではでは、今日もありがとうございました♪

 

ゆーしでした♪