読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちばん好きなひとから頑張らないで幸せな愛され女子になる方法

20代女子の為の頑張らなくてもいちば〜ん大好きな人に愛されて幸せになる方法

MENU

正しさはできる限り捨てていい

悪魔と天使の世界でこちらが正しいとか
あちらが間違ってるとかわからないんだ

賛成と反対の間に答が生まれればいい
正しさを主張するだけが答じゃないんだ


天使と悪魔/SEKAI NO OWARI 



■こんにちは。ラブクリエイターのゆーしです。


天使と悪魔という

僕の大好きなSEKAI NO OWARIの歌を

最初に載せたのですが、


パートナーと幸せな関係を

築いていく、続けていこうと思ったら

「正しさ」は後回しでいいということ。



この天使と悪魔のところを

あなたと私

彼女と彼

妻と夫

として捉えてみるとすごくわかりやすい。



2人が共有していく世界で

どっちが正しいとか

どっちが間違ってるとかない。



見る角度、見てきた角度で

どっちにもなるから^ ^



■っと冷静に見ればわかることだけど、



不満やけんかが起こるときは

お互いがお互いの「正しさ」に

拘ってるときがとっても多い。


というより全部これだと思う。


私はこれが正しいと思うんだ~(♯`∧´)

俺はこれが正しいと思うんだ~o(`ω´ )o



自分のなかの「正しさ」という

自分ルールを全力で相手に振りかける。


私が、俺が、

正しいんや~

 



、、、



そこまでして

自分の正しさを証明して

一体何を得たいのだろうか?





いつのまにか

相手に間違いを

 
認めてもらうこと

謝らせること

勝利すること

が目的になってしまってる。



そんなときは、

1回散歩にでもいったほうがいい。

1回深呼吸したほうがいい。

1回距離をおいてみたほうがいい。

1回冷静になってみたほうがいい。




そして、



本当に得たいものはなに?って
自分に聞いてみたほうがいい




相手に謝らせた

自分の正しさが勝った

そんな優越感がほしいわけじゃないはず。



本当に得たいことって2人の幸せじゃないですか?^ ^



そう思ったらやることは1つ。



そのお互いが「正しさ」を
主張するきっかけとなったことからお互いが


なにを感じて
なにを考えて
なにを思ったかを



2人で共有すること



お互いの見えている世界を
共有すること。


これだけ( ̄▽ ̄)


「知る」ことから始めよう。


あなたの見えている景色と
パートナーの見えている景色を。




大切な人と幸せの関係になるには
「正しさ」はいらないんだな~( ̄▽ ̄)







今日も読んでくれてありがとうございます♪


ゆーしでした♪
 
 
f:id:yyyuushi-renai:20160616140744j:image
 
snowをはじめてつかったら
想像をはるかに上回る可愛さだったw